6th初回!! 4月16日(日)の練習日記♪

こんにちは!みのりです

4月もあっという間。。暖かくなりましたね~
私は近頃アイスにはまっております!
コンビニアイスから、ちょっとリッチな専門店のアイスまで、ここ2週間でアイス食べる率が約3倍になりました!
お腹は壊さないように引き続き楽しむつもりなのでなにか耳寄りのアイス情報をお持ちでしたらぜひ教えてください!←


話をかなり逸らせてしまいましたが…(汗)
4月16日の練習会レポはじめまーす!

この日は発表会後、6期が始動してから第1回目の練習でした!!


まずはミュージカル経験者による演技講座

顔のパーツを中心に集めたり(『集中』)、思い切り広げたり(『開放』)、表情筋を動かして柔らかくします(○゚ω゚)ノヽ(゚ω゚○)
ほぐした後はの表情の練習!
先生役メンバーの顔芸…いやいや(笑)、表情はさすがです!
仕上げとして、歌の中で喜怒哀楽をつける練習をしました!
使った曲はアナと雪の女王の♪ Let it go ♪
2チームに分かれ、お互いに見せ合いっこしたのですが、同じ喜怒哀楽を表現するのでも、
『この人は下を向いて悲しみを表現するんだな』 とか、『上を向いて悲しみを表現するんだなぁ』 とか、
人によって表現の仕方がそれぞれで、興味深かったし、勉強になりました!


お次はダンス経験者によるアイソレーション講座
首、肩、胸、腰…ひとつひとつ動かして、各パーツを自分の意思でコントロールする練習です。
まずは頭のてっぺんから順に、首→肩→胸→腰と順番に動かしていきます。
難しい!!!
動かしているつもりでも動かせていなかったり、違う部分が動いていたり。
特に私は首が動かせないので、首を右に動かそうとすると
顔のパーツが右に寄るという(さっきの演技講座で表情をほぐれた影響がここに…笑)現象が起き、
より変顔になってしまいました(=゚ω゚)
各パーツを動かした後はそれぞれを滑らかに動かせながらウェーブの練習。
個々のパーツの動きを繋げて、滑らかに見せるのも難しいですね。
こちらも仕上げとして、少し曲に合わせて踊ってみました!
選ばれた曲が、オースティン・マホーンの♪ Dirty Work ♪!!
最近はブルゾンちえみさんのネタで有名ですよね。
心の中では『35億!!』と叫びながら踊りました!笑


アイソレーション講座の後はシャッフルユニット!
発表会で発表したユニット曲を、そのユニットには出ていなかった人たちで再現してみよう!という企画です。
この企画は前々から続いている為、今ではすっかり4月最初の練習会恒例行事となっております

今回選ばれたのはこちらの4曲!!
Edge of Glory
Somebody to love
I'm So Excited
I feel pretty (West Side Story Medleyより)


前半は①と②のどちらか1曲を、後半は③と④のどちらか1曲を選び、
ひとり合計2曲練習しました。
それぞれに30分間みっちり練習し、お互いに発表
『この曲やってみたかったんだよね~』
『実は袖で一緒に歌って踊ってました!』
という曲を実際にみんなでできてとても楽しかったです!♪


リハーサルや本番で袖から見ていたとはいえ、30分間の練習で最大限に集中した為、
どの曲もかなりの再現度でした


そしてみんなノリノリ!

さむば1

さむば2

えっじ1

あいふぃ2

あいむそ2

あいむそ1

はじける笑顔のメンバーに、見ているメンバーも笑顔でした


来年の4月の練習でも、またシャッフルユニットしたいですね!
まずは6th発表会、無事に成功をおさめられるか!?今から楽しみです
今期も練習会の様子を楽しく詳しく!レポートしていきますので、どうぞ宜しくお願いします!!m(__)m


ぽかぽか陽気の今日この頃ですが、新生活の疲れが出やすい季節です(-""-)
何の気ない小さなストレスでも、抵抗力が削られて風邪なども引きやすくなってしまうと聞きましたので
皆様もお気をつけてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!
次回の更新もどうぞお楽しみに!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gloovee(グルーヴィー)

Author:gloovee(グルーヴィー)
アメリカのTVドラマ「glee」の影響を受け、

・ドラマの中のグリー部のような活動がしたい!
・ミュージカルやショークワイアの世界に興味があり活動していきたい!

というメンバーが集まり、東京都内で活動しているショークワイア団体です。

くわしくはこちらのページで♪
glooveeとは?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR